コロナ離婚

緊急事態宣言が発令され、外出自粛が続く中、みなさんはどうお過ごしでしょうか?

最近では、コロナ離婚が話題となっています。

新型コロナウイルス禍は夫婦や家族関係にも影響をおよぼしているのです。

基本的に、夫婦間の話し合いで合意できればどのような理由であっても離婚できます。

裁判へ進んだ場合、民法で定める5つの離婚理由がなければ離婚が認められません。

  • 不貞行為
  • 悪意の遺棄
  • 3年以上の生死不明
  • 強度の精神病
  • その他婚姻を継続し難い重大な事由

コロナ離婚の背景には夫婦の価値観の違いがあります。この価値観の違いが「夫婦関係が修復困難である」と証明できなければ、離婚は認められにくくなります。

今、感情に任せて離婚を選択すると、慰謝料や養育費など、取れるものも取れなくなります。
コロナが終息するまでは、辛抱して冷静に計画を立てて離婚するなり、修復することをオススメします。

Follow me!